忍者ブログ

コーギーSORAとのわんダフルLIFE

1999年1月5日生まれのコーギー、SORA(オス♂)のブログです。 2010年5月末頃、変性性骨髄症(DM)発症。2011年11月、巨大食道症発症。2011年12月21日 虹の橋へ逝く。享年12歳11ヶ月。

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

かなり久しぶりの更新になってしまいました。

SORA~、虹の橋はいかがですか?


PR


みなさん、ブログをご覧頂きありがとうございます。
いつでもコメントして下さいね。

この写真は私とSORAの大切な1枚です。
SORAは緊張してる時の顔になってますね。
今日は何故こんなにアクセス数が多いのかなぁ?

すべてのワンちゃんに幸福を!

皆様、SORAに逢いに来て下さって本当にありがとうございます。
今日はSORAの4回目の月命日です。

SORA、大好きです。
このブログに遊びに来て下さる方、
本当にありがとうございます。

更新はしていませんが、
アクセス数が多いことにビックリしています。

SORAを虹の橋へ送り出して、
私にとってSORAの存在がいかに大きくて
尊いものだったか日々感じています。

ワンちゃんは本当に素晴らしいです。
見ているだけで笑顔にさせてくれます。

ありがとう。
今日はSORAの四十九日です。
SORAが四十九日の旅を終えてお空へ旅立つ日です。

たくさんあるSORAの写真の中から大好きなのをアップします。























































































次の写真の初お披露目です。
若き日のSORA



天国の、ほんの少し手前に、

『虹の橋』と呼ばれる場所があります。

この地上にいるだれかと

仲良くしていた動物は、

死ぬとその『虹の橋』へ行くのです。

そこには、草地や丘がひろがっていて、

動物たちはみんな一緒に、

走り回って遊んでいます。

そして日の光に恵まれて、

みんな暖かく、幸せに過ごしています。



病気だった子も、年をとっていた子も、

みんな元気を取り戻し

傷ついたり、体が不自由だった子も、

もとの元気な体を取り戻すのです。

まるで過ぎた日の夢のように・・・・・・。

みんな幸せに暮らしているけれど、

ひとつだけ不満があります。

それぞれにとって特別なだれか、

あとに残してきただれかが

ここにいないこと・・・・

それが寂しいのです。



動物たちはみんな

一緒に遊んでいます。

でも、ある日、

そのうちの一匹が足を止めて、

遠くを見つめます。

その瞳はきらきらと輝き、

体はたまりかねたように

小刻みに震えはじめるのです。

突然、その子はみんなから離れて、

緑の草の上を走りはじめます。



あなたを見つけたのです。

やっと出会えた二人は、

抱き合って再会を喜びあいます。

そして、もう二度と

離れることはありません。



幸せのキスが

あなたの顔に降りそそぎ、

あなたの両手は愛する友を

やさしく愛撫します。

そして、あなたは信頼にあふれた

その瞳をもう一度のぞき込むのです。

あなたの人生から

長いあいだ失われていたけれど、

その心からは一日たりとも

消えたことのなかった瞳を。



それから、あなたたちは一緒に

『虹の橋』を渡っていくのです。


(作者不明)

この写真は大好きな1枚です。

今年の2月末くらいから車椅子だったSORA。
自分の体に異変が始まり、不安だったんでしょう。
3月くらいから夜泣きがあって、それからはずっと一緒に寝ていました。

何故か夜12時になると、もう寝ようよと吠えて呼ぶのが日課でした。
時間には正確だったなぁ。

そんな時間を思い出させてくれる大切な1枚です。
SORA、こんな素敵なお花を頂いたよ。


虹の橋は快適ですか?
楽しんでる?
ゴハンいっぱい食べてる?
ワンちゃんたちと仲良く出来てるかな?

みんなでSORAの話ばかりしてるよ。
今日、病院の先生から
重症筋無力症の血液検査の結果のお電話を頂きました。

結果は陰性
SORAは重症筋無力症ではありませんでした。

つまり、重症筋無力症が原因で巨大食道症になったわけではないという事。

SORAの場合は瞳孔の大きさが左右対象になっていなかった点を考えると
やはり脳幹(神経を司る部分)に何らかの異常があり、
巨大食道症を引き起こした可能性が高いとの事。

変性性骨髄症(DM)が原因で巨大食道症になったとは
考えづらい為、別の病気を併発してしてしまったという事になる。
12/23 AM10時~SORAのお葬式をしました。


すべて終わったあと、お散歩でよく行ったどんぶり会館へ。
みんなで思い出に浸りながら歩きました。


SORAに出逢えて良かった。
私たちはSORAから愛をいっぱいもらいました。

心からありがとう。
本日12/21 PM5時30分頃、SORAは虹の橋へ逝きました。

これから書く事はSORAの最期の様子です。
SORAのすべてを覚えていたいので
しっかり覚えているうちに書き残したいと思います。


5時~病院が始まるので
それに合わせて病院へ。

今日のSORAは吐出でかなり体力を消耗していて
つらそうでした。

それが午後になって、もしかしてと思う程
体調が悪そうだったので、午後診療の時間に合わせて病院へ行きました。

5時からすぐに見て頂けて、診療室に入りましたが
SORAは今までハァハァと声に出して呼吸したことなんて
なかったのに
この日は声に出して呼吸して
いかにも一生懸命呼吸をしているようでした。

先生も今日は明らかに元気がないねぇと。

そして昨晩の吐出の事をお話しして
吐き気止めの注射と皮下点滴をして頂きました。

この時すでに瞳孔は開いていました。

そして車に乗せる為に抱いた時はまだ頭はあがっていたし
意識はありました。
車が走り出した時も。
ハァハァと声に出していましたが
確かに息はしていました。

ウチに到着し、私は真っ先に車から降りて
SORAのベッドを整えに行き
SORAが来るのを待っていました。

抱っこされているSORAは頭に力が全く入っていなくてダランとなっている。
さっき病院でオシッコを出したはずなのに
オシッコがすごい勢いで出続ける。
口からはすごいヨダレが垂れ落ちてる。

SORAの顔を見ると、目が変な感じになっている。

私達はびっくりして
SORAをベッドに置きました。

SORAは・・・呼吸をしていません。

私達は何度も何度もSORAの名前を呼び続けました。
SORA~。SORA~っと。

SORAは全く反応しません。

あまりにも突然の事で事態を把握出来ませんでした。
15分前には病院で診察を受けていたのに・・・。

気が動転して冷静ではいられなくて
病院に電話。

電話のあと、病院へ連れていき死亡確認になりました・・・。

病院で詰め物をして箱に入れて頂き
キレイにしてもらって帰宅になりました。


SORAは病院で診察を受けている時
最期の力をふりしぼって
生きていてくれたんだと思います。

最期は病院ではなくてウチがいいと。

ウチに着くまではって・・・。


約1ヶ月間本当にSORAは頑張りました。
正直とてもつらそうだったので
無理しなくていいよと言ってあげたかったけど
私たちはSORAを失うのが怖くて
どうにかして生かしたいとそればかりになってしまった気がする。
ゴハンを食べなくなった時から
SORAは自分の死期を悟っていたのかも知れない。

気持ち悪くて食べられないのに食べさせようとしたり、体
力がないところに立たせは負担だったろうに。

毎日毎日注射と点滴ばかりで。

こうなってみるともっとああしてやれば良かった
こうしてやれば良かったと、後悔ばかりが先にきます。

考えてもしょうがない事はわかっているんですが
自責の念でいっぱいです。


SORA、今まで本当にありがとう。
あなたは私たちの天使でした。
虹の橋で待っていてね。


最後に今までSORAを応援して下さった皆様
本当に本当にありがとうございました。



昨晩は吐出があってつらそうでした。
夜中もまだ気持ち悪いのか、何度も起きて
吐きたいけど吐けない仕草を何度もしていました。


そして朝、床ずれ防止の為に位置を変えようと
毛布やタオルを取ったら
大量に下痢ウンチをしていました。

どうやら夜中にすでにしていたようです。

そのウンチを見ると
所々赤いものが混ざっています。


これは血便なのでは?

とうとう血便まで出るようになってしまった。

昨日の吐出の疲れもあってかかなりグッタリしています。
もちろん食べられる状況ではありません。

水もポカリも飲みません。

今AM10時10分頃ですが、昨日はゆっくり寝ていないのもあってか
すごくよく寝ています。

PM10時頃と11時頃、2回吐出した。
無色の液体だった。おそらく水?

12/10以来、久しぶりに吐出した。

この10日間吐きそうにはなったけど、吐いてはいなかった。
すごくつらそうだったから心配です。
SORAの体があまりにも痩せてしまって痛々しい。

こんなに小さくなってしまって・・・。

でも見た目には意外にも元気がある。

寝たきりだけど、近くに来てほしければ頭をあげて吠えるし、
呼びかけにも反応する。

体調は良さそうなのに、食べてくれない。

食べるとまたつらい事が待っていそうで
食べる事が怖くなっているんだろうか?

でもSORA、
点滴だけじゃ、体がもたないよ。
少しでも食べないと。

SORA、また一緒にお散歩行こうよ。
PM6時頃、病院へ。

オシッコを出してもらう。

昨日吐き気止め注射なしでも吐かなかったので
今日もなし。

皮下点滴をしてもらう。

目を見てもらったが、抵抗反射(光をあてた時、まぶしくて瞳孔が小さくなる)がない。
神経の病気が進行したのかも。


☆診療費☆
・再診料  525円
・皮下点滴 735円

合計 1,260円  



PM5時30分頃、どうしても食べて欲しくて

トライしましたが、ダメでした。

何も口にしませんでした。
今日は天気が良かったので

PM2時30分頃、里山公園へ。

4輪車椅子に乗せてみましたが、すぐ横になってしまって
まっすぐ乗る事が出来ませんでした。


先週の土曜日はまだまっすぐ乗れたのに・・・。
それだけ弱ってしまっているって事なのかぁ・・・。

せっかくいい天気だったので、日光浴タイムになりました。



ずっと寝てました。ハハ。

少しウンチしました。
PM1時頃、ポカリを少しだけ舐めてくれました。
昨晩~朝にかけて、吐出はありませんでした。
時折、ゴボゴボ音はして気持ち悪い感じではありますが
吐出はしていません。

朝の様子はいつもより元気な感じだったので

AM8時30分頃、食事タイム。

でも何も口にしてくれませんでした。
水やポカリもダメ。


何故~。

そのあと、下痢ウンチをしました。
明らかに宿便?のよう。

そう言えば日曜日あたりから
前は口をグチャグチャさせていたんですが
あまりしなくなりました。

先生に昨日、してないねと言われて
始めて気づいたんですが。

具合はいい感じなのに、何故に食べてくれない?

PM5時頃、病院へ。

SORAはおととい先生に出してもらって以来
今日の夕方まで1度もオシッコをしていません。


自力で出来ないわけではないようですが・・・。

今日も先生に出してもらいました。
かなり溜まってました。

おまけに体温を測ろうとお尻の穴に体温計を入れた途端
ウンチが出てしまいました。

昨日はオシッコもウンチもしなかったから
刺激で出ちゃったんだね。

いつもしてもらう吐き気止めの注射ですが
昨日の様子を見ていて吐かなかったので
今日は注射はなしにして様子を見る事にしました。


皮下点滴だけして頂き、終わりました。


☆診療費☆
・再診料  525円
・皮下点滴 735円

合計 1,260円       
SORAは11月15日以来
体を洗っていないので、冬ですがお尻周りが少々におうようになってきました。

なので、 尻周りを水のいらないシャンプーで
キレイにしました。

せっけんのにおい?になったかな?

ついでに後ろ肢の肉球の間の毛と、お尻の毛を少し切りました。
カレンダー
01 2017/02 03
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

プロフィール
HN:
SORA_LOVE
年齢:
18
性別:
男性
誕生日:
1999/01/05
自己紹介:
1999年1月5日生まれの愛犬コーギーのSORA(オス♂)と生活しています。

2010年5月末頃、変性性骨髄症(DM)発症。

2011年11月、巨大食道症発症。

2011年12月21日 PM5時30分頃 虹の橋へ逝く。

享年12歳11ヶ月。

カウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

フリーエリア

最新コメント
[02/11 コーギーVOLママ]
[01/25 takagi]
[01/18 コーギーVOLママ]
[01/16 takagi]
[01/13 コーギーVOLママ]
[01/10 きんちゃん]
[11/24 コーギーVOLママ]
[11/08 コーギーVOLママ]
[11/02 コーギーVOLママ]
[10/27 コーギーVOLママ]
[09/07 eiko]
[08/25 コーギーvol&ブルーです]
[08/21 コーギーvol&ブルーです]
[06/06 ブルー]
[06/01 ブルー]
[05/08 ブルー]
[05/02 ブルー]
[04/26 ブルー]
[04/26 ブルー]
[04/23 ブルー]
[04/23 ブルー]
[04/22 ブルー]
[12/28 きんちゃん]
[12/25 mina]
[12/23 キキmamma]

バーコード
P R

Copyright ©  -- コーギーSORAとのわんダフルLIFE --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ