忍者ブログ

コーギーSORAとのわんダフルLIFE

1999年1月5日生まれのコーギー、SORA(オス♂)のブログです。 2010年5月末頃、変性性骨髄症(DM)発症。2011年11月、巨大食道症発症。2011年12月21日 虹の橋へ逝く。享年12歳11ヶ月。

HOME Admin Write
選択したカテゴリーの記事一覧
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PM6時頃、病院へ。

オシッコを出してもらう。

昨日吐き気止め注射なしでも吐かなかったので
今日もなし。

皮下点滴をしてもらう。

目を見てもらったが、抵抗反射(光をあてた時、まぶしくて瞳孔が小さくなる)がない。
神経の病気が進行したのかも。


☆診療費☆
・再診料  525円
・皮下点滴 735円

合計 1,260円  



PR
PM5時頃、病院へ。

SORAはおととい先生に出してもらって以来
今日の夕方まで1度もオシッコをしていません。


自力で出来ないわけではないようですが・・・。

今日も先生に出してもらいました。
かなり溜まってました。

おまけに体温を測ろうとお尻の穴に体温計を入れた途端
ウンチが出てしまいました。

昨日はオシッコもウンチもしなかったから
刺激で出ちゃったんだね。

いつもしてもらう吐き気止めの注射ですが
昨日の様子を見ていて吐かなかったので
今日は注射はなしにして様子を見る事にしました。


皮下点滴だけして頂き、終わりました。


☆診療費☆
・再診料  525円
・皮下点滴 735円

合計 1,260円       
PM7時頃、病院へ。

いつものようにオシッコを出してもらって
吐き気止めの注射皮下点滴をしてもらいました。

ここ3日くらい、SORAは自力でオシッコしていません。

ウンチは出るんですけどね。

先生に匂いがなくて栄養のある水分を聞いたら
ポカリはどうかなって薦めてくれました。

明日トライしてみます。

それと明日は病院が休みなので
点滴を少し多めにしてもらって様子を見ることになりました。

大丈夫かな。

☆診療費☆
・再診料  525円
・注射料(吐き気止め)  1,365円
・皮下点滴 735円

合計 2,625円             
PM7時すぎ、病院へ。

今日のウンチですが、一言で言ってしまえば宿便 
調子がよくないので腸の粘膜などがウンチと混じって出てしまっているのでは
ないかとの事でした。

あとはいつものように
心音や目、歯を見て頂き、
吐き気止めの注射と皮下点滴をしてもらいました。

これで今日も吐く事なく穏やかに眠れるでしょう。
今のSORAに出来る事はそれくらいです。

☆診療費☆
・再診料  525円
・注射料(吐き気止め)  1,365円
・皮下点滴 735円

合計 2,625円              
PM7時頃、病院へ。

目の焦点が合っていなくて、反応も殆どない事を先生に伝える。

どれくらい見えているかははっきりしないが
目はちゃんと見えているとの事。

良かった。もしかして見えないの?って心配だったから。

吐き気止めの注射と皮下点滴をしてもらった。

何だか病院に居る時のSORAは家に居る時より元気な感じがしたんだけど何故?


☆診療費☆
・再診料  525円
・注射料(吐き気止め)  1,365円
・皮下点滴 735円

合計 2,625円   
PM7時50分頃、病院に到着。病院が近くて本当に良かった。

SORAはかなりぐったりしている。
そして、診察台の乗せた次の瞬間、ウンチが少し出た。興奮したのかな?

まず先生に吐き気がおさまらず、つらそうだった事を説明。

今日の朝吐いたあとにぐったりしていた事から
誤嚥性肺炎の可能性を疑い、レントゲン検査を実施。

結果から言うと、肺炎は起こしていなかった。
前よりも肺はキレイになっていた。

でも、12/5に撮ったレントゲン写真と比べて
食道がかなり肥大化していた。
それはバリュウム検査をしていなくてもわかる程だった。

肥大した食道は心臓を圧迫しているようにも見えるとのこと。

これだけ肥大していれば、唾液などが常にたまって
相当気持ちが悪いだろうとも仰っていました。

だから常に気持ち悪いから食べられないし
口をぐちゃぐちゃさせてるんだね。

それと、巨大食道を引き起こした原因かも知れない所見があった。

(症状)
・目の瞳孔の大きさが左右対称ではない⇒左目の方が小さい。
・左前肢の反射神経が鈍い

以上の点から、脳幹に異常がある可能性が高い。

つまり、脳幹異常⇒巨大食道症⇒誤嚥性肺炎(現在は治っている)になった可能性が高いとのこと。

脳幹に異常があると、今後顔面マヒが出たりする事もあるらしい。


(参考)
犬の脳は①大脳②小脳③脳幹の①~③からなっています。

①大脳。。。思考、記憶、運動、知覚などの機能をつかさどっています。

②小脳。。。からだの運動機能の微調整をして、からだの平衡感覚を保つ役割をしています。

③脳幹。。。生命を維持するための重要な神経が集まっています。
      脳幹は間脳(視床、視床下部)、中脳、橋、延髄からなります。


今のSORAにはあまりに酷な宣告に、少しの間
先生の言っている事が耳に入ってこなかった。

次の瞬間、目頭が熱くなり、少しでも言葉を発するものなら
涙が溢れ出そうだった。

何故、こんなにも健気に生きているSORAを更に苦しめるの?
心の中で何度も叫んでしまった。

先生は、このまま入院という事も出来るが
SORAちゃんの事を考えると、家族のそばに居た方がいいと
仰り、私達もそれに同意しました。

今SORAに出来る治療は苦しみを取り除いてあげる事だけなのです。

吐き気止めの注射と皮下点滴をしてもらいました。
これでSORAは今日、苦しまずゆっくり眠れるはずです。

帰りの車中、涙が止まりませんでした。

SORAの前では笑っていたいけど、どうしても無理です。
SORAが私たちにとってあまりにもかけがえのない存在すぎて・・・。

どうして、どうして・・・。


☆診療費☆
・再診料  525円
・レントゲン検査 4,200円
・注射料(吐き気止め)  1,365円
・皮下点滴 735円

合計 6,825円        
PM5時頃、病院へ。

最近、毎日のように通院してるなぁ。

先生に報告

①ここ数日吐いていない

②食欲はないがペースト状のフードを少し食べてくれた

③錠剤のお薬を飲んでいない
→注射(ステロイド+抗生物質)

④飲み込む時、喉に違和感があるよう
⇒触診して頂き、喉が腫れているような感じではないとのこと。
SORAの口を開けて喉を見てくれたが炎症は起こしていなかった。
正確にはレントゲンを撮って見てみないと分からないが
食道炎の可能性は低いとの事。


食道炎ではなさそうなので、少し安心したが、やはりSORAの飲み込む時の
感じは気になる。

あと前肢の神経の具合を見て下さった。
ちゃんと反応があった。最近は歩いていないけど
まだ前肢は大丈夫そうだ。

そして今日病院へ来た最大の理由。

重症筋無力症の検査為の血液採取
この血液検査はセンターでするので、結果が分かるのは1~2週間後。
この病気が巨大食道症の原因である可能性もあるので
以前から検査を薦められていました。

重症筋無力症について
治療法があるのなら、少しでも可能性を信じたい。

③今後のお薬について、
誤嚥性肺炎は良くなっているようだし、ステロイドも飲ませる事があまりに負担になるのであれば
1日おきや2日に1回にしても良いとの事。正直、今のSORAは固形物は全く食べてくれないので
非常に有難い。毎回注射も大変だし・・・。


☆診療費☆
・再診料  525円
・注射料(ステロイド+抗生物質) 1,365円
・注射料(吐き気止め)  1,050円
・重症筋無力症の検査  12,600円

合計 15,540円                  
PM7時頃、病院へ。

最近毎日通っている病院。

先生に食べていない事を伝え、処置してもらった。

・吐き気止めの注射
・ステロイド+抗生物質の注射
・皮下点滴


※吐き気止め注射の効果はSORAの場合は約15時間(前回比)

今日の夜はつらくてもがく事なく眠れそう。

明日は病院が休みなので、やはり来て良かった。

最近は病院に居る時だけ、安らげる気がする。
家でSORAを見ていると、今にもって時が頻繁に訪れるので心配でたまらない。


☆診療費☆
・再診料  525円
・注射料(ステロイド+抗生物質) 1,365円
・注射料(吐き気止め)  1,050円
・皮下点滴  735円

合計 3,675円       
朝9時頃、病院へ。

病院を退院してからの家での容態を先生に報告。

そして体重を測っていたら、スルッとウン 
病院でしちゃいました。
でも先生にウンチを見せる事が出来たし
少し柔らかめの良いウンチだったので安心。
腸の調子は良さそう。

今日は、生物質とステロイドの注射。吐き気止めの注射を打ってもらいました。

先生に吐く時に出てくる、ネバネバの白い泡について伺う。

食道にある唾液や粘膜などが、うまく胃まで流れていかず
食道の伸びてしまったいる部分にたまってしまってそれが気持ち悪くて吐出する。


あと、食べたり飲んだりしたあとだけではなく
頻繁に抱っこして立たせの状態にしてあげるのも吐かなくするにはいいかもとの事。

病状は一進一退ですが、頑張ろうね。SORA、ファイテン。


☆診療費☆
・再診料  525円
・注射料(ステロイド+抗生物質) 1,365円
・注射料(吐き気止め)  1,050円

合計 2,940円           
SORAの点滴あとのテーピングを剥がしてもらう為に病院へ。

その時、食事あとの呼吸が気になったので先生に報告。

吸ってはいたあと、少し痙攣しているようだった

それがずっと続くようであれば心配だが
今はないようなので、大丈夫だという診断。

良かったぁ。

SORAに少しでも異変があると過敏に心配になってしまう。
このまま食べるようになって体力が回復すればOK。
あとは巨大食道症とうまく付き合っていくしかない。

これからは自宅治療になりました。

明日からは抗生物質ステロイドの薬を服用します。
夜7時頃、SORAを迎えに病院へ。

ゴハンはあまり食べなかったらしい。

レントゲン検査の結果、誤嚥性肺炎はかなり良くなっていた。
肺の白い部分が少なくなり、黒い部分が多くなっていた。
回復に向かっている。


だが食欲がない。

巨大食道症→誤嚥性肺炎 で肺炎が良くなれば
食欲も出てくるはずなのだが・・・。

SORAくん、食べないと元気にならないよ。

朝9時すぎにSORAを病院へ連れて行きました。

今日はSORAの今の状況を色々検査してもらいます。
今日夜まで検査入院です。
先生からお電話を頂いたので、夜7時30分頃、病院へ。

注射をして頂き、早速先生の前で車椅子ゴハンを試す。

まず車椅子にSORAをのせて
斜め45度の角度にして台の前へ。

まず水をあげてみました。
やはり飲みたかったようで
よく飲んでくれました。

そのあと、ドライフード(小粒)をあげてみました。
ちゃんと食べてくれました。

量的にはいつもの1食の半分でしたが
食べてくれたので良かったです。

そして問題の立たせです。
始めはおりこうで車椅子立たせをしてくれてたんですが
その内、飽きてきたらしく体を動かし始めました。

今は先生の前なので、この程度で済んでいますが
明日は私達だけでもおりこうで居てくれるのか
今からかなり心配です。

約20分程、車椅子立たせをして終了。

今日はこのまま帰りました。
今のところ吐いていません。少し疲れたのかスヤスヤ寝ています。

このまま吐出がなければいいのですが。
夜7時頃、病院へ。

SORAは朝同様、元気な感じでした。
ただやはり呼吸はかなり荒いです。

今日の日中の病院での様子
・ごはんは少ししか食べない。
・オシッコは自力で出来た。
・ウンチはなし。
・吐く仕草はあったが、吐いてない。

このまま食欲が戻ってくれれば良いのだが・・・。

巨大食道症について先生に伺った事
・水を飲んでも立たせなくてはいけない。水分も食べ物と同じ。
・ごはんは小粒でOK。SORAは流動食のような物よりドライフードが好きらしい。
・以前はグリニーズを食べさせていたが、食べさせない方が良い。


今日も家に連れて帰るけど
明日は病院がお休みで、先生が学会で不在な為、明日の事を相談。

一様、明日は1日ウチで見る事にして
朝先生に容態を電話で報告する予定。
朝10時20分頃、病院へ。

SORAの昨夜の様子を先生に報告して
SORAを病院に預けて来ました。

また夜迎えに行きます。
夜6時30分頃、病院へ。

容態は回復せず。ご飯は食べない。水も飲まない。

私達の呼びかけにも全く反応せず、グッタリしている。
調子がかなり悪そう。

そして先生から話があった。

巨大食道症→誤嚥性肺炎
それだけの病気なら、今の治療で回復に向かうはずだが
今のところ回復しない。

SORAの状態を見ていると、何か別の基礎的な病気があって
巨大食道症→誤嚥性肺炎
になった可能性が高いとの事。

容態が不安定で、もしかしての場合もある。
病院で逝くよりは、家で家族に見守られての方が良いのではと
ご提案があり、今日は連れて帰る事にしました。


大切な大切なSORAが病院で私達のいないところで
逝ってしまうなんて、絶対にイヤです。

先生の話を聞いて、あまりに突然の事だったので
涙が溢れて止まらなくなりました。

今後の介護の事ばかりで
まさかダメかもなんて少しも考えませんでした。

今は家で寝ていますが、呼吸がかなり荒いです。
でも私達の呼びかけには反応してくれます。
朝9時頃、病院へ。

火曜日から入院しているので、今日で4日目。

SORAの容態は良くなく、グッタリとして頭もあげない。
目はうつろで反応がない。

ご飯も水も飲まないらしい。

ただ昨日ご飯を食べてから1度も吐出してないとの事。
それは良かったけど、元気がなさすぎる。

でも今日朝先生がご飯を口のところに持って行ったら
よっぽど食べたくなかったのか、怒ったらしい。
怒る元気はあるのか?

食べない飲まないなんて心配。

また一緒にお散歩行きたいよぉ~。SORAくん。

夜6時30分頃、病院へ。

SORAはご飯を結構食べてくれたらしく
状態は安定していた。


吐出もしていないようだ。

私達が病院へ行った時は、頭を浮かせて喜んでたけど
少ししたら目をつむってスヤスヤ眠り出した。

で、先生に巨大食道症の子の介護について少し相談しました。

まず1番のネックが食事と食後の抱っこです。

SORAはすぐにカンシャクをおこして怒るので
家の中で放し飼いにして飼うことが出来ません。
家の中でSORAの場所を作ってあげて
そこでリードにつないでいます。

過去、家族は何度も噛まれています。
1度噛まれるとやはり怖くなってしまうのです。
突然怒り出すので、悩んだ結果今の飼い方になりました。

家の中で飼われているワンちゃんのように
テレビを見ながら一緒にたわむれたりなど
そういう事が全く出来ません。
接する時はいつも構えてしまいます。

そんな状態なので食べている時に抱っこして食べさせたり
食後に30分抱っこしているなんて出来るのだろうか?
と今から不安でいっぱいです。

抱っこしている間に怒って思わず手を離してしまったら
食べ物がうまく胃へ流れない・・・。
そうしたらまた誤嚥性肺炎につながる可能性が高い。

怒らなければどれだけでも何でもしてあげたいのに。
何故なの?ってSORAにいつも問うてしまいます。

先生も病院ではとても大人しくおりこうさんなので
ビックリされていました。

先生:その状態では介護に相当なストレスがかかりますね。
    抱っこしている間、エリザベステーラー(ワンコの首に巻くえりまきトカゲのようなの)
    を付けてもいいかもですね。これなら怒っても噛めないです。

それもいいなって思いました。

SORAが下半身麻痺がなければ、食べたあと箱に入れておけばいい話なのですが
それも出来ないので抱っこするしかありません。

これから良い方法を考えなくては・・・。


朝9時頃、病院へ。

昨日の夜、また食べた物を吐いてしまったそうです。
で今朝、食道の検査の為、バリュウム(造影剤)を飲ませて
レントゲンと撮ったところ、新たな病気が・・・。

病名 巨大食道症

巨大食道症・・・ご飯を食べると、口から入った食べ物は胸の中を食道を経て胃へと運ばれます。食道は蠕動運動(ぜんどううんどう)と呼ばれる収縮運動を行って食べ物を後ろへ送っています。
しかし、この食道の部分がだらん、と伸びきって食べ物を胃にうまく運べなくなってしまう状態のこと。

先生の予感は的中しました。
誤嚥性肺炎の原因は食道の異常によって起こる場合が多い。

つまり、巨大食道症→誤嚥性肺炎を引き起こした。

因みに今日の血液検査の結果です。







CRPの数値は低くなってきているので、肺炎は少しずつよくなってきているよう。

巨大食道症についてはこれからもっと知る必要があります。
ブログを見て下さる方、もし良い情報がありましたら教えて下さい。
夜6時頃、病院へ。

食欲の方はクッキーを食べたとの事。
少し食べてくれただけでも嬉しい。

SORAの好きなリンゴを持参したけど、何故か食べてくれなかった。
リンゴを拒否したのは初めて。

だけど、いつもおやつであげている小粒のドライフードは食べてくれた。

SORAの状態はというと、顔を見たら反応してくれて
今日の朝よりは、元気な感じだったけど、
診断的には並行な感じらしい。
まだ呼吸が荒いようです。

そして先生に誤嚥性肺炎について色々と伺いました。

誤嚥性肺炎は食道が肥大していてなってしまう場合が多いらしいです。
ただ食道についてはバリュウム(造影剤)を飲んでみないと
正確にはわからないので、今は何とも言えません。

1度なるとくせになるという事もないようです。

今後の食事についてもあまり神経質にならなくてもよさそう。

入院中のSORA






先生がSORAって名前を読んだ時


そしてあとから弟が参上。
来てくれた事がよっぽど嬉しかったのか
笑顔になりました。
久しぶりに会えてよかったね。





すごく嬉しそうでちょっぴり妬けてしまいます。
やはりまだ若い頃可愛がってくれた人にはかなわないね。

無理にでも弟に来てもらって良かった。
病は気からだもんね。

SORAくん、早く元気になってまたお散歩行こうね。
朝9時すぎに病院へ。

SORAはグッタリしていて、食欲もなく、水も飲まないらしい。

病院で先生が見てくれているから急に何かが起こってもまだ安心出来るが
少しも回復していないようで、かなり心配。

私達が行って少しは反応があったが、すぐにグッタリ。

また夕方お見舞いに行く予定。
夕方6時頃、検査結果を聞きに病院へ。

レントゲンを見せてもらい、色々説明を受けました。

結果は、誤嚥性肺炎 でした。

誤嚥性肺炎・・・肺にある程度の量の個体または液体が吸引された結果生じる肺の炎症であり、通常吸引される物質は胃内容(嘔吐)か食物です。吸引した物質によって、肺の化学的損傷、気道閉塞、感染などが生じ、炎症反応が引き起こされます。著しい急性炎症や吸引した物質による物理学的な気道閉塞が生じると呼吸困難に陥ります。

日曜日の夜に食べた物を誤嚥して、それが原因で炎症を起こしてしまったようです。
深夜、何度も何度も吐いていましたから。

特にSORAは下半身が麻痺している為、伏せに近い状態で吐きます。
なので余計に誤嚥しやすいそうです。

誤嚥性肺炎にかかった方のブログを色々読みましたが
処置が遅いと死に至る場合もある大変怖い病気です。

そして・・・

今晩からSORAはそのまま入院になりました。

治る可能性が高い病気だそうだが、SORAの場合DMがあるので心配だ。
病状が急変する可能性も十分に考えられる。

心配で今夜は眠れそうにない。


CRPの数値が高くかなりひどい炎症を起こしている。
状態が回復しないので、朝9時過ぎに病院へ。

レントゲン、超音波など検査する事になりました。

時間がかかるので、夕方6時頃再度来て下さいとの事で
SORAを病院に預けてきました。

心配でたまらないけど、しょうがいない。
頑張れSORAくん!
体調が悪そうで食べたものを吐いて呼吸も荒かったので
また病院へ。

病院へ行く途中のケージの中で下痢と嘔吐。

先生に昨日の様子を報告。

吐くのは一度吐き始めるとくせになって
気持ち悪いから何度も吐こうとすることはあるらしい。

昨日は体調が回復していた事から
今日処置して様子を見て
明日まだ体調が悪いようであれば
もう少し色々検査してみる事に。

とりあえず、点滴と吐き気止め注射とステロイド注射をしてもらった。

ステロイドの注射は薬はあげたけど
吐いてしまったかも知れないので念のため。

これで回復してくれる事を願う。

SORA頑張って!!


☆診療費☆
・再診料          525円
・注射料(ステロイド) 1,365円
・注射料(吐き気止め)1,050円
・補液注射(点滴)    735円

合計 3,675円       
カレンダー
01 2017/02 03
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

プロフィール
HN:
SORA_LOVE
年齢:
18
性別:
男性
誕生日:
1999/01/05
自己紹介:
1999年1月5日生まれの愛犬コーギーのSORA(オス♂)と生活しています。

2010年5月末頃、変性性骨髄症(DM)発症。

2011年11月、巨大食道症発症。

2011年12月21日 PM5時30分頃 虹の橋へ逝く。

享年12歳11ヶ月。

カウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

フリーエリア

最新コメント
[02/11 コーギーVOLママ]
[01/25 takagi]
[01/18 コーギーVOLママ]
[01/16 takagi]
[01/13 コーギーVOLママ]
[01/10 きんちゃん]
[11/24 コーギーVOLママ]
[11/08 コーギーVOLママ]
[11/02 コーギーVOLママ]
[10/27 コーギーVOLママ]
[09/07 eiko]
[08/25 コーギーvol&ブルーです]
[08/21 コーギーvol&ブルーです]
[06/06 ブルー]
[06/01 ブルー]
[05/08 ブルー]
[05/02 ブルー]
[04/26 ブルー]
[04/26 ブルー]
[04/23 ブルー]
[04/23 ブルー]
[04/22 ブルー]
[12/28 きんちゃん]
[12/25 mina]
[12/23 キキmamma]

バーコード
P R

Copyright ©  -- コーギーSORAとのわんダフルLIFE --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ